logo

弱みは強み、何事も捉え方次第〜目の大きさ〜

コンプレックスは誰にでもあるもの

ジェリーズクラブでは女性にお写真をいただいているのですが、
「目が小さいのでアプリで加工してもいいですか?」と聞かれることがあります^^

「目」「瞳」みなさんが気にされるパーツですよね。

昔、美容業界にいた時に相談されたことNo.1は「アイメイクについて」でした。

・目が小さいのがコンプレックスで。。。
・目を大きく見せたい。。。
・第一印象は目が大事と聞いたけれど、どうメイクしたら良いのか。。。
・つけまつ毛バシバシで下品にはしたくないけれど。。。

お悩みはそれぞれですが、大抵の方は
「目が大きい女性に憧れる」
「目が大きい女性とは並びたくない」というご意見でした。

確かに、顔のパーツの中で「目」はとても大きな役割を果たしています。

第一印象は目というのもその通りかもしれません。

しかし、生まれ持ったお顔のパーツは整形でもしない限り、どうにもできないことです。

捉え方次第なのかなと

目の大きさについては捉え方次第なのかなと考えています。

確かに大きな瞳は女性の憧れです。

しかし、歳を重ねるにつれ目の大きな方ほど、目の周辺にシワやたるみが出やすくなります。

ある程度歳を重ねると、目の大きさよりもシワやたるみの方が年齢を感じさせる原因となり、悩みのタネとなります。

そう考えると、目の大きくない方は、歳を重ねても目の周辺にシワやたるみが出にくく、若い印象を保つことができるのです。

「若い今だけ」を考えると大きな瞳の方が良いのかもしれませんが、「一生女性でいる」ことを考えると大きな瞳にこだわる必要はないのかなと思います。

女性の武器!メイク

幸い女性には「メイク」というお顔を飾る手段があります。男性にはできない魔法のようなメイク。

例えば、コンタクトレンズで黒目を大きく見せるサークルレンズを使用するだけで大きく印象は変わってきます。
黒目の割合が大きいほど、プラスの印象を与えます。

例えば、アイライナーの引き方一つ、アイシャドウの色合いやコントラストの付け方一つ、つけまつ毛の付け方や量一つでいくらでも魅力的な瞳を手に入れることができます。

「生まれ持った目の大きさ」どうにもできないことにクヨクヨ悩むのは時間がもったいないです。

悩む時間があるのでしたら、品良く魅力的なメイク技術を身につける時間に当ててみてはいかがでしょうか。

男性からのご意見

「確かに瞳が魅力的な女性には弱いです。瞳に引き込まれそうになることもあります。短期的な見せびらかすための女性とのおつきあいだったらぱっと見のお顔の印象は大事です。しかし、長く良い関係を築きたいと思う女性は、お顔立ちや「目」というパーツよりも優しい笑顔だったり、癒してくれるような雰囲気だったりの方が大事だと思います。」

与えられた環境で咲きなさい

よく「与えられた環境で咲きなさい」という言葉を耳にします。

本当にその通りで「弱みは強み」とプラスに解釈し、できることをやり人生前向きに突き進んでほしいなと思います。

「若さ」ゆえの綺麗さは人生の中であっという間に過ぎ去ってしまうもの。

女性としての人生は「若い時期」だけではありません。

いくら外見を繕っても、中身が伴わなければ上っ面の魅力なんて薄っぺらいもの。すぐに見透かされてしまいます。

何事も捉え方次第なのではないでしょうか^^

Jellys Club TWITTER

JELLYS CLUBの最新記事をお届けします。